TrapperCreekのトラップ【#6】

TrapperCreekのトラップ【#6】

 

ササイトナ(Susitna)〜トラッパークリーク(TrapperCreek)あたり。

 

 

素晴らしい景色のキャンプ場にて1泊。

とてもよく眠れました。何かに怯えずに寝ることができるのはいい。

雪の上をどこまでいけるか試したり(結果雪にハマって靴はビショビショになった)、

落ちていたバスケットボールでいかにも3P決まりそうな写真を撮ってみたりと

いろいろ満喫しすぎた結果、この日の出発は15時。遅すぎ。

私たち2人はとにかく朝に弱いのです。この日は特に酷かったですが、起きたのも正午ぐらいでした。
誰かがリーダーシップをとってくれれば起きれるのですが、そんなやつはいません。

それにいかんせん寒い。

夜〜早朝にかけては気温は氷点下まで平気で下がります。(4月)

昨日溶けて水になっていた雪や氷も、

また氷始めるのです。

1度は7時とか8時に起きるものの、
もう一度暖かいお家のベッドで寝ている妄想をしながらつい寝てしまうわけです。

長々言い訳をしてしまいましたが、しばらくは白夜なので大丈夫です。太陽がいい仕事してます。

管理棟の水道からわざわざ水を汲んでくれた気前のいい管理人にご挨拶し、
キャンプ場を後にします。

いいとこだった〜

景色100点💮


ちょっと自転車漕いでササイトナノースまで来ました。

ここにはスーパーがあります。

 

ここで食料の補給。

鶏のハート(こころ)と肝が売ってました。

ホルモン系ってこっちの人食べるのかな?

安かったのでハートを買ってみました。

ホットスナック的なコーナーがありました。

ターキー?も魅力的でしたがその隣の小袋、

肉だ!!!!しかも安い!!!ビーフにチキン!!!

1ドル50で肉が食えるなんて。そこそこ重量もある。さらに暖かい。バンザイ。

意気揚々と今日のキャンプ場へ向かいます。

川が凍ってました。
この川沿い近くにキャンプ場があるらしいです。

しかしこの川沿いへ行くための道が大雪でした。

なんとかチャリを押して進めるぐらいの雪の深さでしたが

とりあえずジャンケンで負けたほうが様子を見に行くことに。

負けました。

言い出しっぺには補正がかかるのか?

 

様子を見にいきます。

進んで行きます。

かなり奥まで雪道です。これではキャンプ場も厳しいだろうと引き返します。

ズボァッァ‼

雪にハマりました。口からンア゛ァァと声が出ました。

しかも裸足にクロックス。

足がちぎれる思いをしました。冷たい超えて痛い。

ジャンケンで負かしたシンジロウを逆恨みします。

 

このキャンプ場で宿泊は無理だと判断。

引き返すのはないので、

次の街トラッパークリークへ急遽目指すこととなりました。

そこそこの距離。白夜とはいえ結構遅い時間。

濡れた足で進みます。痛え。

もう1Beef 1Chickenとかどうでもええからそれで足を温めたい。


白夜の日没時、ギリギリでトラッパークリークに着きました。

着いたものの何もない。郵便局ぐらい。

実はここトラッパークリークは名前はついてるものの家が数件ある程度で

街としての施設があるような場所ではなかったのです。何ということ。

Google Mapも全然更新されていません。

野宿スペースを探しますが大通り(一応)には見当たりませんでした。

 

 

そんなとき一人の男性が自宅のベランダからタバコを吸っていました。

どうせ一生会わないので、ダメ元で家の前にテントを張らせてくれと頼みます。

めっちゃ笑われました。 いやこっちはめっちゃマジやぞ。

知り合いが近くでキャンプ場を運営?してるらしく電話してくれましたが

『雪だらけで無理だってさ』HAHAHA

めっちゃ笑うやんコイツ。結構焦ってるでこっち。

『テント張るならいいとこあるよ。そこなフリーだ』

風向きが変わりました。

なんか車で案内してくれるそうです。

トラッパークリーク大通りから横道へそれてこの辺り。

 

道が地図には表示されていません。というかGoogle carのサボりです。

この道に入ります。

公園っぽいところに案内されました。

『ここならコンセントもあるし、も出る。どうだい?』

 

 

最&高

めちゃくちゃいいところでした。屋根もあります。

ほぼホテルや!とふたりでテンションがあがります。

google mapには写ってなかったし、まさかこんなところがあったなんて。

しかし車で案内してくれたしコイツめっちゃ良い奴だな。

ありがとうボブ(適当)と別れを告げ、

日も暮れてしまったので急いで料理。

鶏のハートと変なソーセージのパスタ。

初登場の変なソーセージですが今後のメイン食材として活躍します。

一見魚肉ソーセージみたいな感じですが、
歯がなくても食べられるぐらい柔らかい、というか勝手に崩れていきます

美味いかどうかで言われると、美味くはないです。

ただ小さい缶詰のため持ち運びが楽で、肉(一応)にしては安いのです。

ハートが美味え。

寝床探しですっかり忘れていました。

今晩のメインのホットスナックを開けるときがきました。

すっかり冷めてしまいましたが、
我々はフライパンで温めることができます!

肉が食えるなんてテンション上がります。
さっきのソーセージも残念だったし。

ハートなんて所詮ホルモンです。まがいモンです。

シンジロウからの視線がツラい。

すまんシンジロウこれは俺の食糧なんだ。。

ガサッ ポロッ

……。

 

いや俺の1Beef 1Chickenドコ??????

なんこれ。

 

ラップを開けてみるとマッシュポテト的なにうっすらと肉っぽい何かが練り込まれてました。

おもてたんとちがーーーーーう!!!

いやもうそれ芋メインやん。ビーフちゃいますやん。

せめて見た目でわかるようにしてよ。。あんまりだ。

この後めちゃくちゃyoutube見て寝ました。